マウスピース型矯正装置を活かした矯正法

◎矯正法の選択のポイント

左:「マウスピース型矯正法」からスタート。

右:「ワイヤー矯正法」からスタートし、上下の歯列の拡大状況が わかってから「マウスピース型矯正法」に移行。

形態削合調整(IPR)は、 右方式の方がしやすい。 

隣接歯間の形態削合調整(IPR):歯の角の尖りにより、歯と歯の間に鼓形空隙▲ができないよう行われる調整。


①ワイヤー矯正装置は:歯の表面にレールを敷き、そのレールに沿わせて歯を移動させる方法で、ブラケットの種類により、近年のものは、小型化して抵抗が少なくなりました。

③マウスピース矯正装置は:プラスチックでできたマウスピ-スを順番に変えながら歯を移動させる方法で、近年のものは、ひずみに強く、壊れにくくなりました。自分で着脱式。レールがない分、平行移動を成功させるには色々な準備が必要です。

いわき市植田の歯科 いがり歯科・矯正歯科クリニック

いわき市植田の歯科 いがり歯科・矯正歯科クリニック

*歯の平行性が良く移動距離が少ないならマウスピース型矯正装置「インビザラインシステム」でスタートできる可能性。

(カスタムメイド)マウスピース型矯正装置:インビザラインシステムの特徴

1.目立たない

透明なマウスピース型の装置のため、普段の生活の中で他の人に気づかれることはほとんどありませんので、見た目を気にせず矯正治療を受けることができます。

2.お食事の時に取り外すことができる

1日20時間の装着です。お食事の時に外すことができますから、制限なく今まで通りお食事を楽しむことができます。

3.痛みが少ない

従来の矯正装置に比べ痛みが少ないです。特に数年前にスマートトラックと呼ばれる材質に変わってからは特に痛みが少ない様です。

4.矯正装置が外れたりするトラブルが少ない

固定式の矯正装置の場合には、治療中、ワイヤーがあたったり、装置が部分的に外れたりのトラブルを全くなしにする事はできません。*その点、カスタムメイド、マウスピース型矯正装置(インビザラインシステム)は、平行性さえ良ければ、このようなトラブルが少なく快適です。

5.金属アレルギーの方もOK

金属アレルギーで矯正治療を躊躇していた方も心配なく治療を受けられます。

6.取り外しができるので衛生的

装置(アライナー)は取り外しができますから、外した状態で装置もお口の中も磨くことができるので衛生的です。*但し、平行性が悪ければ着脱が不快に感じられ、中断の可能性が高くなります。



*簡単ではない症例では、2種類の矯正法のいいとこ取り:通院期間の短縮:自宅でも矯正

後戻りもしにくくするため歯列周辺の筋肉のバランスでも歯を動かせるようなレールを敷いたワイヤー矯正システムをオプションに加えた矯正法


いわき市植田の歯科 いがり歯科・矯正歯科クリニック
いわき市植田の歯科 いがり歯科・矯正歯科クリニック

笑顔時の唇と歯並びとの関係:ハリウッド・スマイル練習:唇と歯の見せかた練習

●上写真:笑顔練習用マウスピースWitの窓にブラケットをきっかけ、上唇を●中写真の様に笑顔形状記憶テーブルに載せ、下唇は下縁に付け、鍛える●目標とするハリウッド・スマイル笑顔写真




いわき市植田の歯科 いがり歯科・矯正歯科クリニック

ワンポイントアドバイスサービス案内送信の手順

①前ページなどにある各相談ガイドをまず、ご覧下さい。

②予約フォームから必要事項をご記入の上「ワンポイントアドバイス希望」と書いて送信して下さい。

③症例写真を参考に、お口の写真5枚と横顔写真1枚を撮影してて下さい。
④自動返信メールには返信せず、医院から数日後に届く「ワンポイントアドバイス係」の返信メールに・・・・
「撮影された6枚の写真を添付」し、お送り下さい。 
⑤ワンポイントアドバイスを数日後、お受け取り下さい。
⑥御来院可能な方は、パンフレット等をお渡し出来ます。

 ●相談内容:

永久歯矯正・ホワイトニング・おしゃれな入れ歯に関するものに限ります。

ドアの向こうは「ホワイトきらきらランド」

*①では、平日に受付よりお電話がある場合がございます。


難症例等は複合プラン:マウスピース型矯正装置「インビザラインシステム」の特徴を活かした・「ワイヤー矯正装置」から「インビザラインシステム」へ移行した矯正法:

●矯正中では抜歯スペースを閉じる際に、抜歯した隣の移動させた歯等、近心移動、遠心移動の際、(歯軸の傾斜だけで閉じていないか、)より歯軸がしっかり移動しているかがポイント。閉じるのはレールを付けたワイヤー矯正装置の方が向いています。(後戻りしやすいかどうかのポイント)


症例①叢生非抜歯症例(複合プラン)

①叢生非抜歯症例:20代後半:右下4番の頬側転位があり下前歯の正中を約半歯分移動させた症例:歯の平行性が悪く、マウスピースが外しにくいので、ワイヤー矯正装置から始める事になりました。治療計画にあたり、予定より早くワイヤーを外し、予定より長くインビザラインを行った症例です。ワイヤ-矯正期間6ヶ月、インビザライン矯正期間は中断を挟みゆっくり11ヶ月。合計:1年5ヶ月。その後保定。右下に平行性が悪い歯があり、最初からマウスピースだと着脱が大変だった可能性が有りましたが、ワイヤー矯正で歯列全体を、ある程度平行にできたため、その後のマウスピースの着脱がスムーズにできました。インビザライン矯正中は患者さん自身が1月に1度程度スマホで写真撮影し、医院に写真を送るシステムなので、殆どの方は通院を必要としません。自宅でのインビザライン矯正中は、ハリウッドスマイル練習用チューイーで笑顔練習、舌先体操もしていただきました。*上下のアーチの形、上下左右大臼歯の噛み合せはいかがでしょうか?左右対象に落ち着きました。インビザラインシステムは歯を移動させるために白い目立ちにくい凸アタッチメントを歯の表面に新たに装着します。保定のため歯に凸アタッチメントを残しました。現在も、とても笑顔の素敵な方です。治療前の歯の健康な隅角同士が直線上に並ぶため、直立させると前歯と前歯の間には多少の隙間が出来ることがあります。


症例②右上2番下側転位・上下正中が6㎜偏位等叢生:右下4番の抜歯症例(複合プラン)

②叢生抜歯症例:10代後半:右上前歯の裏側に側切歯の重なりがあり、前方移動させるとともに正中1歯分の移動させた難易度の高い症例 

ワイヤー矯正装置は、歯ブラシがしづらいのでワイヤー矯正治療期間が長いと虫歯の可能性が出てきます。歯の移動に時間がかかりそうなところが済んだら、ワイヤー矯正を外し、歯ブラシのしやすいタイプのマウスピース型矯正装置へ代えて仕上げていきます。通院でのワイヤー矯正期間1年7ヶ月+自宅でのマウスピース型矯正装置で仕上げ矯正期間8ヶ月(マウスピース矯正の予定期間は4ヶ月でしたが、ゆっくりやっていただきました)。合計:2年3ヶ月。その後保定。

抜歯は上顎左右の親知らずと下顎右下4番のみです。*上顎左2番の移動量が大変大きいわりには、上顎左右2番の傾斜、上下左右大臼歯の噛み合せは、いかがでしょうか?傾斜角度、アーチも左右対称にいい感じで落ち着きました。インビザラインは歯を移動させるために白い目立ちにくい凸アタッチメントを歯の表面に新たに装着しています。後戻りを予防する保定のためいも歯に凸アタッチメントは残しています。後半のインビザライン矯正は患者さん自身が1月に1度程度スマホで写真撮影し、医院に写真を送るシステムなので、殆どの方は通院を必要としないのもメリットです。自宅でのインビザライン矯正中は、ハリウッドスマイル練習用チューイーで笑顔練習もしていただきました。現在も、とても笑顔の素敵な方です。一般的な拡大症例では歯肉退縮が起きやすい可能性がありますが、年齢が若く、歯列が拡大されたため退縮はありませんでした。


症例③お口元上下口唇が閉じにくく両口唇はEラインより前方・開口:上下左右4番、4本抜歯症例(複合プラン)

③上下前突、開口抜歯症例:20代前半:口唇が鼻の頭と下顎の頭を結んだEラインより前方にあり、上下の前歯の間に隙間がある開口症例。矯正PC診断の結果から第一小臼歯4本の抜歯を行い、歯列や歯軸のバランスを保ちながら、抜歯スペースを閉じ、上下前歯を後方に移動させた難易度の高い症例 

抜歯をするような症例では、ワイヤー矯正装置は、歯ブラシがしづらいのでワイヤー矯正治療期間が長いと虫歯の可能性が出てきます。歯の移動に時間がかかりそうなところが済み、歯並び全体がマウスピース矯正の着脱に都合の良い平行になったら、ワイヤー矯正を外し、歯ブラシのしやすいタイプのマウスピース型矯正装置へ代えて仕上げていきます。通院でのワイヤー矯正期間1年2ヶ月+自宅でのマウスピース型矯正装置で仕上げ矯正期間12ヶ月(マウスピース矯正の予定期間は4ヶ月でしたが、ゆっくりやっていただきました)。合計:2年2ヶ月。その後保定。

抜歯は上下顎左右4番の4本抜歯です。抜歯したスペースはいかがでしょうか?傾斜角度、アーチも左右対称にいい感じで落ち着きました。インビザラインは歯を移動させるために白い目立ちにくい凸アタッチメントを歯の表面に新たに装着しています。後戻りを予防する保定のためいも歯に凸アタッチメントは残しています。後半のインビザライン矯正は患者さん自身が1月に1度程度スマホで写真撮影し、医院に写真を送るシステムなので、殆どの方は通院を必要としないのもメリットです。自宅でのインビザライン矯正中は、ハリウッドスマイル練習用チューイーで笑顔練習もしていただきました。現在も、とても笑顔の素敵な方です。歯周病などがあると一般的には歯肉退縮が起きやすい可能性がありますが、歯周病もなく、歯肉退縮もありませんでした。親知らずは、治療前に無理して抜かなくても、矯正治療後に放出してから抜く方が良い場合もあります。



●お子様への矯正治療の対応・費用についてのコメント

中学卒業時の春休みに開始(それまでに検査は終わらせておきましょう。)

永久歯列期までの小児期からの咬合治療・矯正について

目標は:永久歯列の完成、成人の顔貌では横顔です。

早期の治療時期では、歯根は未完成時期です。

早期に動かすと、歯根が短くなる場合があります。

歯は歯根完成後から動かしたいものです。

 

歯列では後戻りをなるべく少なくする事なので費用、期間の検討。

通院期間:永久歯列完成は、第2大臼歯まで生えそろう中学2年生前後なので、逆算してみましょう。

その期間通えますか?

治療:成人になってからでもある程度可能です。

症例によって:永久歯が生えてからの方が、難しくない可能性があります。

反対咬合や上顎前突、開口:外科矯正で治した方が綺麗な横顔になる症例があります。

 

●費用

・検査:成長期以降2万8千円・途中成長観察診断1万5千円。

・永久歯前の矯正費35万円。通院費千円~5千円。

永久歯矯正に移行する場合は、装置代約5万円×α個分、引いて後に費用調整。

(成人矯正費までの合計例)79万円+5万円×α(*差額でお受けできます。)

主な異常が発生する時期、それぞれの対応。5~15歳まで。(永久歯列完成期は中学2年生前後です。)

 

● 乳歯列期の対応

・遺伝的要素の少ない反対咬合は経過観察

・悪習癖の対応:MFTや機材で。

指しゃぶり3歳以下・3歳以上

 

●上下切歯交換期(5~7歳頃)・・・被蓋関係の観察

・被蓋関係の改善を検討

・上顎前歯の交換はスムーズに

・上顎中切歯の重度の捻転は検討

・下顎の前歯は経過をみる

・悪習癖への対応を考える

 

注:症例の中で、歯槽骨の変化で

歯根湾曲、癒着、永久歯萌出遅延、異所萌出になる可能性があります。

● 側方歯交換期(12~15歳)

・上下顎前歯の叢生は検討

・萌出遅延歯、異所萌出に対応等

・悪習癖への対応を考える

  

●第2大臼歯萌出期

・下顎前歯部の叢生再発予防

  ・第2大臼歯の異所萌出に対応等

 

*但し、当院では早期治療は、歯根が未完成のため、よっぽどじゃなければ、

中学卒業の春まで経過観察いただき、春休みに開始プランをお薦めしています。


当歯科・矯正歯科クリニックでは医薬品医療機器等法(薬機法)において承認されていない医療機器を用いた治療「インビザライン・システムを用いた矯正治療」を、症例を選んで提供しております。
『医療広告ガイドライン』の「限定解除の4要件」を満たす事項の掲載。 
イ)、未承認医薬品等であることの明示:

インビザラインシステムは薬機法上の承認を得ていません。 
ロ)、入手経路等の明示:

インビザライン®は米アラインテクノロジー社の製品の商標です。 米アラインテクノロジー社のシステムを、アラインテクノロジージャパン社を通じて利用しています。
ハ)、国内の承認医薬品等の有無の明示:
インビザラインシステムによる矯正治療は、現在世界中で行われており、一般的にはアライナー矯正、マウスピース矯正などと呼ばれています。 
マウスピース矯正のための治療装置は、国内でも様々なブランドがあり多数製作されています。 
日本で『医療機器としての矯正装置』と認められるものは 
1) 
薬事承認されている材料を使って
2)
日本の国家試験をパスした歯科医師か歯科技工士が製作したもの 
3) 
既製品であればそのものが薬事承認されていなければなりません。

製作過程については、日本国内で歯科医師が患者さんに合わせてオーダーしたものを、米アラインテクノロジー社がコスタリカにある工場においてロボットで製作します。 
設計は日本国内で歯科医師が行いますが、実際に製作されるのは海外においてであり(日本の国家資格を持つ歯科医師や歯科技工士ではない)ロボットにより製作されますので薬機法の対象とはなりません(薬機法対象外)。 
日本国内で製作される類似のマウスピース矯正装置のいくつかは薬事承認されております。 
ニ)、諸外国における安全性等に係る情報の明示:

マウスピース矯正を行うための装置はインビザラインシステムを含め世界で数十社が販売しており、アメリカでは1/3程度がマウスピース矯正装置で行われているとされます。 
インビザラインシステムは世界最大シェアで、20215月現在で全世界にて1000万症例以上が治療されています。

インビザラインシステムは、薬機法の承認を受けておりませんので医薬品副作用被害救済制度の対象となりません。例えば抜歯症例や中難度症例では、ワイヤー矯正などで最初に難しいところを行う等、工夫を凝らしたプログラムが必要となります。

治療効果の明示

 

インビザラインシステムや他のマウスピース矯正法だけでは、症例により治るのが、時間がかかったり、難しい場合があります。


●わくわくの矯正:マウスピース矯正中は楽しくハリウッド・スマイル練習。当院開発「笑顔練習用マウスピース」は、ハリウッド・スマイルのように口角を上げ、舌先は上顎前方に付ける位置の確認を致します。

●前歯の簡単な凸凹を気にされている方は案外いらっしゃるのではないかと思います。歯列に真上から被せる、透明で目立ちにくい衛生的で画期的なマウスピース矯正法が加わり症例の幅が広がってきました。どうぞ、ごゆっくり動画をご覧いただき、お役に立てることがありましたらお気軽にお問い合わせ下さい。治療期間もなるべく短く、費用もなるべく安心価格になるよう心がけています。


主な取り扱い矯正装置:インビザライン、アソアライナー、デイモンシステム(デーモンシステム)、その他オプション、等。



いわき市・植田・錦・勿来・泉・北茨城地域の歯科・矯正歯科・ホワイトニング・ 歯周病検診・おしゃれな入れ歯・義歯等*エステ施設隣接*

ホワイトきらきらランド

未来の街、笑顔の街、東田町2丁目はJR植田駅から徒歩7分の所にあり、周辺には植田TUTAYAツタヤさん、鮮場さん、かっぱ寿司さん、西松屋さん、植田ブレイクさん、植田ジョイさん、ブティック丸正さん等があります。

 

ホワイトきらきらランド:いがり歯科・矯正歯科クリニック

〒974-8212

福島県いわき市東田町2-18-2
JR植田駅徒歩7分

植田ツタヤさん徒歩1分

院長 猪狩 光郎
 
☎ 0246-62-7111