歯周病相談

歯垢、歯石除去は定期的に受けましょう。


歯のクリーニング用マウスピース等があります。

 

歯周病の主な原因菌除去に、薬を安定した状態で使用することができれば、より菌を減少させることができます。 歯科衛生士による専門的歯面清掃処理を行って、 バイオフィルムを除去した後、歯列にフィットしたマウスピースを用いて、薬を一定時間、予防したい歯面や歯周ポケットに塗布します。この方法は、歯周病菌除菌法として唾液に希釈されることが少なく、より安全で確実に抗菌剤を塗布することができます。

■適応症

1)重度の歯周病になった方のケア
2)マウスピース矯正治療中の歯周病予防
(3)歯周病治療中・治療後のケア 
(4)上記の
通院できにくい方の家庭用として

 

抗菌剤

症状等により、薬を変えます。


■治療法

マウスピースを作るために歯の型採り。

歯面清掃処理。

マウスピースに薬剤を入れてお口に装着し5~10分程度待ちます。

最後にマウスピースをはずして終了。

■注意点

薬剤に対して、アレルギーのある方はご使用いただけません。

お口の中の菌に対する処置のため、即効性は期待できません。

長期的な経過観察を必要とします。

 

■自費費用

・審査 型採り 1顎 5 000円。・1顎マウスピース 5000円。

・1顎薬剤1回分 3 000円。・上下顎薬剤1回分 5000円。

 

 

歯槽骨が垂直的に無くなってしまった方には、歯周組織再生療法

歯周組織再生療法の作用機序、治療法

リグロスの歯周組織再生療法の流れ(保険)

 歯垢、歯石を十分に除去し、歯周病精密検査後に

1.歯周外科手術で歯の表面に付着している汚染物質を綺麗に取り除きます。

 

2.    リグロスを患部に塗って縫合します。

 

3.    だいたい最初の1週間で傷口に新たな毛細血管が出来上がります。それに伴い残っている歯根膜にいた線維芽細胞が傷口の方へと伸びてきます。

 

4.    8週間後には線維がたくさん含まれた新しい骨の元となる組織が作られます。

 

5.    あとは半年間、新たな骨に置き換わるのを待ちます。

 

*歯槽骨が水平的に無くなってしまった方には適応していません。

*口腔がんのある方はお受けできません。